マカの歴史

マカ 歴史

マカの歴史は古く、インカ帝国の時代からあり、その地域の重要な食糧として栽培されていました。

その土地の土壌の栄養素をほぼ全て吸い取ってしまうため、マカを栽培した土地は、何年もの間、不毛になってしまうと言われています。秋に種がまかれ、収穫するのは1年後の夏場、収穫した後は、なんと3か月以上も太陽光に天日乾燥します。保存食としてもマカは有名です。

アンデス高地で栽培され、当時は特権階級の食べ物として重宝されており、兵士への褒美として与えられていたという話もあります。

日本では知られるようになったのは、1990年大阪で開催された国際花と緑の博覧会でペルー政府が紹介したのがきっかけです。

1997年にはペルーの会社が健康食品として紹介し、翌年、当時のペルー、フジモリ大統領が来日、ペルーの特産品の紹介に尽力します。

21世紀に入ってからテレビでも取り上げられ、一般に知られるようになりました。今では多くのマカ輸入業者が日本相手に取引する状況です。

マカサプリ紹介

妊活マカサプリ
妊活マカ
妊活サプリとしておすすめなのが”フルミーマカミウ”です。

マカサプリメント

妊活マカサプリ
家族をはぐくむ力の源 HUG maca-AFC
家族をはぐくむ力の源 HUG maca-AFC

家族をはぐくむ力の源

更年期マカサプリ
更年期サプリ

更年期マカサプリ

効果的にマカを摂取しよう

マカの効果的な取り方は、1日の摂取基準量を何回かに分けて服用すると良いです。

純度100%のマカを2g~10g摂取すると良く、一般的な錠剤では2錠~5錠程度です。一度に多く服用しても消化しきれない分は、全て体外に排出されて効果を発揮しません。特におすすめなのが、食後に飲むことです。

食事と一緒に摂取することで、胃の働きが活発で消化吸収に適したタイミングです。

よって長時間有効成分を実感することができます。また胃が弱い人は、食事による消化で胃に消化液が満たされるので、胃壁が荒れる心配がありません。飲み忘れた忙しい生活を送っている人でも、最低でも朝と夜の2回に分けます。さらに、マカを飲むときは、水かぬるま湯が適しています。

コーヒーや緑茶、紅茶、ジュースなどと一緒に飲むと十分な効果が得られません。アルコール類も厳禁で、効果が全く現れない可能性があります。反対に効果が強く出すぎて体に悪影響を及ぼす恐れもあります。